最初は狭心症の治療薬として開発

狭心症治療薬ではなく、ED治療薬として販売。

バイアグラの製薬会社はアメリカのファイザーと言う大手の製薬会社で、そこから1998年に発売された薬になります。有効成分であるシルデナフィルを狭心症の治療薬として開発を進めていたファイザーの研究チームが、この成分の思いがけない効果を発見することになるわけです。狭心症の治療効果が思ったようにでない中で、シルデナフィル成分を試す患者さんの中に、勃起不全治療効果であったと言うわけです。この成分の血管拡張作用が陰茎の血流を良くし、勃起が十分にできなかった男性患者のEDを治療する事がわかったわけなのです。

EDと言えば、インポテンツなどと言われて、日頃は人のうわさにはなりにくい病気の事。男性は、EDの事を口にしませんし、治療に踏み切る人もあまりなかったそんな状況の中、ファイザー社はこの薬を、狭心症治療薬ではなく、ED治療薬として販売する事にしたわけなのですが、 当初は、この薬が治療する症状が何せ勃起不全ですから、どれ程の反響があるか、想像もできなかったと言います。むしろ、あまり期待していなかったと言うのが本音のようでした。

バイアグラの100mgって

結果としてバイアグラの発売は、ファイザーの思惑とは全く違い、驚くほどの反響があったわけですが、なぜでしょう。それは、世界で始めて、経口薬としてEDを治療する薬だったからです。そして、その効果が、半信半疑で治療を始めた人の期待以上の結果だったからなわけです。この薬は、発売されてすぐにテレビやマスコミで取り上げられるようになります。

新聞の紙面に、EDとか勃起不全と言った言葉が目につき、ラジオやテレビのトークショーでは、バイアグラを使ったねたが話され、映画の中でも登場したり、この薬の名前は、瞬く間に、有名になって行くわけです。最近では、人 気も一段落 した感がありますが、レビトラやシアリスの様な同様のED治療薬が販売される中、まだまだ、人気は不動のもの、バイアグラと言えばED治療薬で今尚通っています。

バイアグラの100mgって?

現在日本で販売されているバイアグラは25mgと50mgの2種類がありますが、海外ではこの他に100mgも販売されています。

表記されている数字は有効成分であるシルデナフィルの含有量を表したものなので、100mgのにはシルデナフィルが100mg含有されているということになります。

現在はインターネットで個人輸入業者から100mgのバイアグラを購入することができますが、正規ルートの医療機関では購入することはできません。

それでは何故日本では海外では販売されている100mgの購入ができなくなっているのでしょう。

その原因を探りながら、上手な使用方法を説明していくことにしましょう。

[日本で100mgが販売されない理由] 

白人や黒人に比べ、私たち黄色人種である日本人はもともとの体型や骨格が違ってきます。

一言で言って白人や黒人をビッグサイズに例えれば、さしずめ日本人はミドルサイズといったところでしょう。

最近は日本人の体格も変わってきたので全ての人が白人や黒人に劣るとは言えませんが、平均的に見るとまだまだその違いは明らかだと言わざるを得ません。

体格の違いはそのまま薬の効き方に影響してきます。

バイアグラが日本で解禁になった時に、シルデナフィル成分の含有量が多い100mgの販売が解禁されなかったのも日本政府の考えとして、100mgを使用すれば健康被害と言えるほどの副作用が出る恐れがあると判断したからでしょう。

事実、50mgのバイアグラを使用すると副作用が酷いと訴える人も多いことを考えれば、平均的な日本人にとって100mgの販売を解禁しなかったことは間違いではなかったということなのかもしれませんね。

[100mgは購入しないほうがいいの?]

100mgは購入しないほうがいいの

それではやはり日本人は無理をしてまで100mgを購入しない方が良いということになるのでしょうか?

この点に関しては一概には「はい」と言い切れません。

あくまでも偽物でなく正規品を購入するということが前提となりますが、100mgを購入したほうが経済的にバイアグラを使用することができるのです。

それはインターネットのネットショップを見てみると50mgと100mgの販売価格には殆ど違いが無いからです。

当然50mgで十分効果のある人が100mgを使用する必要はないのですが、価格が同じで量が2倍ならば、使用時にピルカッターなどで1錠をカットしてやって2回に分けて使用すれば、1回の費用が半分で済むわけですから大きなコストダウンを図ることができます。

また、50mgで効果がないという人は100mgをそのまま使用してみるのもいいでしょう。

もう一度言いますが、これはあくまで正規品であることが前提です。

購入してみようという人は、この効果を期待するあまり安易なネットショップ探しをして、粗悪品をつかまされる羽目にだけはならないように気をつけてくださいね。


韓国語サイト